金融、ATMにとらわれない発想で
次の事業を生み出していく

業務企画

OYAMA MASAOMI
大山 将臣

情報生産システム研究科 修了
2016年入社
CAREER PATH
  • ・2016年

    システムエンジニアとしてメガバンクの新型ATMやタブレットのシステム開発に従事

  • ・2017年

    RPA(ロボットによる業務効率化)の推進などに従事

  • ・2018年

    システムエンジニアの経験を活かしながら新規ビジネスを企画

業務企画

OYAMA MASAOMI
大山 将臣

情報生産システム研究科 修了
2016年入社
CAREER PATH
  • ・2016年

    システムエンジニアとしてメガバンクの新型ATMやタブレットのシステム開発に従事

  • ・2017年

    RPA(ロボットによる業務効率化)の推進などに従事

  • ・2018年

    システムエンジニアの経験を活かしながら新規ビジネスを企画

ATMJとの出会い

高専や大学院で情報工学を学んでいたため、プログラミング知識を活かせるシステムエンジニアの仕事がしたいと考えていました。IT企業を中心に就職活動をするなかでATMJを知り、選考に参加しました。ATMJの面接では、役員や本部長ともフランクに話をすることができ、非常に自由な雰囲気、風通しの良い会社であることを感じました。最終的にATMJを就職先として決めましたが、選考の際に感じた自由で話しやすい環境であるという印象は、入社した今でも当社の特徴であると思います。実際に、若手社員でも自分の意見を発信する環境があり、社員のアイディアを大事にしてくれる会社です。

現在の仕事

入社後はシステムエンジニアとして、ATMのアプリケーション開発や、社内のRPA(ロボットによる業務効率化)の推進など、さまざまなプロジェクトを経験しました。現在は、システムエンジニアの経験を活かし、新規ビジネスを企画しています。例えば、企画案を出し合う社内の打合せに参加したり、企画を具現化するためにシステムを開発したりしています。
金融やATMなどのソリューションにこだわらないという、制約がほとんどない状態の中から、ATMJの新しいビジネスを創り出していくことが私たちのミッションです。未知の領域にチャレンジするので、必ずしも上手くいくことばかりではありませんが、その分やりがいを感じることのできる仕事です。

成長した瞬間・エピソード

入社して間もない頃、メガバンクの銀行員の方が使用するタブレットのシステム開発を任されたことがありました。社内でタブレットのシステム開発をした前例がなかったので、ゼロから自分で考え開発していくこととなりました。上司や先輩にフォローしてもらいながら、自分の考えが本当に正しいのかを常に自問自答し開発を進めました。この経験から、新しいプロジェクトを進める際の自分なりの取り組み方を見つけることができたと思っています。
無事に開発することができ、銀行員の方にタブレットを使ってもらえた時は本当に嬉しかったですし、大きな自信にもなりました。

私の取り組み・チャレンジ

金融やATMというソリューションにとらわれず、新たなビジネスを考案し形にしていくという仕事は楽しいですが、前例もなく正解も分からないので難しさも伴います。
それでも、私自身のアイディアが形となり、世の中の多くの人の役に立つものになるかもしれないということは、私にとって大いに魅力的です。
私の所属している部署では、実に様々なキャラクターの人たちが集まり、多様なアイディアを出し合いながら次の事業の芽を探しています。自分のアイディアを実現できるチャンスがある仕事に、日々充実感を覚えながら取り組んでいます。