企画経験を活かし
金融と行政の橋渡し役を担っていく

SE

HARA YOSUKE
原 洋輔

グループ長
環境情報学部 情報メディア学科卒
2008年入社
CAREER PATH
  • ・2008年

    システムエンジニアとして、メガバンクの統合に伴うシステム開発に従事し、その後ATM監視システム開発および流通系銀行への導入に従事

  • ・2015年

    中国ビジネスに携わり、現地銀行のATM監視システム開発等の業務に従事

  • ・2016年

    業務企画に配属となり、金融に限定されない新サービスの企画や実現にむけてメガバンクを対象とした新サービス企画担当となる

  • ・2020年

    システムエンジニアに再び戻り、業務企画としての経験を活かしながら公共システムの開発・マネジメントに従事

SE

HARA YOSUKE
原 洋輔

グループ長
環境情報学部 情報メディア学科卒
2008年入社
CAREER PATH
  • ・2008年

    システムエンジニアとして、メガバンクの統合に伴うシステム開発に従事し、その後ATM監視システム開発および流通系銀行への導入に従事

  • ・2015年

    中国ビジネスに携わり、現地銀行のATM監視システム開発等の業務に従事

  • ・2016年

    業務企画に配属となり、金融に限定されない新サービスの企画や実現にむけてメガバンクを対象とした新サービス企画担当となる

  • ・2020年

    システムエンジニアに再び戻り、業務企画としての経験を活かしながら公共システムの開発・マネジメントに従事

ATMJとの出会い

もともと、システムエンジニアを志望していました。ATMJとの接点は、信頼していた部活の先輩から紹介を受けたことからはじまりました。ATMといえば私自身も普段から使っているとても身近なもので、その点が一般的なIT企業などと比べてわかりやすく、インフラを支える重要な会社と感じられました。また、常に新たなことにチャレンジする環境であるとも思えましたし、一人ひとりの個性を大事にする雰囲気があるとも感じられました。信頼する先輩の後押しもあり、入社の意思決定についてはあまり迷うことはありませんでした。
チャレンジングな環境であること、個性を活かす風土であることは、入社した後に改めて実感できたATMJの長所でもあります。

現在の仕事

長年システムエンジニアの仕事に取り組んできましたが、2016年に企画本部に異動してからはATMJの未来を担う新規ビジネスを企画していました。社内外へ提案活動を行い、実際に事業を立ち上げるところまで担当することができたことは本当に良い経験となりました。現在は、再びシステムエンジニアに戻り金融機関と行政機関向けのシステム「DAIS®(預貯金照会デジタルソリューション)」の開発を担当していますが、業務企画を経験したことで視野が広がり様々な観点でものごとを見ることができるようになったと感じています。

成長した瞬間・エピソード

開発業務では、流通系銀行のATM監視システムを提案からサービスインまで担当したことです。実際にクライアントと議論をかさねながら、サービスインまで携わることができたことは貴重な経験となりました。
企画業務では、メガバンク主催のビジネスコンテストで自分が招集したメンバーとアイディアを考え、それが入賞に至ったことが印象に残っています。 また、シェアリングサービスという、これまでの当社の事業とは関連性がないB to Cビジネスを実現させ、様々な苦労がありながらも、サービスインを迎えることができ、大きな達成感を得ています。

私の取り組み・チャレンジ

当社は、将来に向けた事業コンセプトとして「社会問題解決企業」となることを掲げています。新たな事業を立ち上げることは、私たちが大事にしてきたベンチャーマインドを次世代に引き継いでいくことにもつながると信じています。
ATMは重要な金融インフラではありますが、今後は金融以外の分野で活用され、その役割を大きく変えていくことになるかもしれません。どのような未来を描けるのか、常に先を考えながら新たな提案ができる立場にいたいと思っています。