銀行業務の
効率化をお手伝いし、
新たな金融サービスの創出へ

業務企画

TAKATA MEGUMI
高田 恵

都市工学科卒
2015年入社
CAREER PATH
  • ・2015年

    業務企画としてATMオペレーションセンターの構築業務に従事

  • ・2019年

    新規ソリューションに関する企画立案に従事

業務企画

TAKATA MEGUMI
高田 恵

都市工学科卒
2015年入社
CAREER PATH
  • ・2015年

    業務企画としてATMオペレーションセンターの構築業務に従事

  • ・2019年

    新規ソリューションに関する企画立案に従事

ATMJとの出会い

高専で街づくりなどの都市工学を学んでいたこともあり、就職活動ではインフラに関連する企業を見ていました。知人からの紹介でATMJの存在を知り、金融業界のインフラを支えている会社という点に興味を持ちました。
また就職活動中はいろいろな会社の説明会に参加しましたが、選考中に出会ったATMJの社員は皆気さくで優しく温かみがあり、特に印象に残りました。さらに、社内のアットホームでオープンな雰囲気にも惹かれたこと、若手社員でも企業のメイン担当として第一線で活躍していることなどから、私もここで活躍したいと思うようになり、入社を決意しました。

現在の仕事

クライアントに新規のソリューション提案する際の、企画の立案や営業の提案のサポートを行っています。例えば、ATM監視アウトソーシングの提案や、ATMJのATMオペレーションセンターを活用した新しいサービスの提案にあたって、具体的なサービス内容を検討し立案する役割を担っています。
クライアント毎に課題と感じていることや求めるサービス内容は異なるため、提案内容はクライアント毎に異なります。それぞれのクライアントが目指すサービスの実現に向けて、私たちATMJが何ができるのかを常に考えて提案しています。
オフィスで情報を収集したり、企画を練ったりなどデスクワークを行うこともありますが、外出してクライアントと打ち合わせをしたり、ATMオペレーションセンターなど自社拠点に足を運んでどのようなサービスが提供できるのかを学んだりすることもあります。

成長した瞬間・エピソード

流通系銀行の業務立ち上げに伴う、各種のサポートサービスの提案は、苦労しましたが大きく成長する機会ともなりました。
まだ経験も十分でない状態だったので、やるべきことに追われていっぱいいっぱいになったこともありましたが、金融機関の業務立ち上げに関して提案からサービスの運用を実施するまで一連の業務に関わったことで、その後の案件対応の幅が飛躍的に広がったと感じています。また、クライアントや協力ベンダー、社内の営業やATMオペレーションセンターの最前線で働く方々など多くの人と出会い、それぞれがどんな想いでどんな仕事をしているかも知ることができました。何より「高田さんは若手社員なのに一担当として頑張ってくれている」という評価をクライアントからいただけたことが嬉しかったです。

私の取り組み・チャレンジ

入社2年目の時に初めてプロジェクトの主担当として、地方銀行のインターネットバンキングに関するヘルプデスク業務の構築(立ち上げ)を経験したことで、ひとり立ちのきっかけをつかみました。また前述の流通系銀行立ち上げに関するプロジェクトでは、ATM監視アウトソーシングおよびヘルプデスク業務に関して一通りの知識と経験を身につけました。
それらの経験を活かし、今後はソリューションの提供に初期段階である企画検討段階から関われるようなプロジェクトにチャレンジしていきたいと思っています。今後は金融業界も大きく変革の時を向かえると思います。そのような状況下で、ATMJのサービスの必要性は高まると考えていますし、私の経験が大いに活かせるのではないかと思っています。