先進的な取り組み、
そして関係者すべてに
メリットを生み出せる
提案を続けたい

営業

MIYAGAWA HIROYUKI
宮川 裕之

部長
政治経済学部 政治学科卒
2008年入社
CAREER PATH
  • ・2008年

    営業としてメガバンクを担当

  • ・2016年

    流通系銀行をメインに担当。2018年~課長としてメンバーの育成・サポートも実施

  • ・2019年

    東日本地区の地方銀行を担当。部長としてメンバーのマネジメントにも従事

営業

MIYAGAWA HIROYUKI 宮川 裕之


部長
政治経済学部 政治学科卒
2008年入社
CAREER PATH
  • ・2008年

    営業としてメガバンクを担当

  • ・2016年

    流通系銀行をメインに担当。2018年~課長としてメンバーの育成・サポートも実施

  • ・2019年

    東日本地区の地方銀行を担当。部長としてメンバーのマネジメントにも従事

ATMJとの出会い

学生時代から、営業職を志望していました。また、大企業の定型的な業務の中で、横並び状態に埋もれてしまうより、若くても任せてもらえるような環境で、個性を発揮し、存在をアピールしたいとも考えていました。
ATMJは、そのような条件に合致していたこともありましたが、社員の雰囲気、特に、最終面接で社長の人柄に好感を持ったことが大きかったです。とてもフランクな雰囲気で、面接で聞くような話とは思えない、ざっくばらんな質問をされました。私という人間に、興味を持ってもらえたんだと感じ、入社の意欲が一気に高まりました。

現在の仕事

部長として、メンバーの商談をサポートしたり、提案の相談に乗ったり、重要な打合せに同行するほか、自分自身もプレイヤーとして、担当するクライアントに対する営業活動を行っています。
今までメガバンク、流通系銀行等を担当してきましたが、現在では東日本地区の地方銀行を担当しています。
クライアントへの新規提案は、他社で実現したソリューションの成功事例の紹介を切り口にアプローチしていくことが多いです。そして訪問時に日々の業務に関するヒアリングを行う中から、真のニーズをキャッチアップし、提案に結び付けていきます。提案においては、数字による裏付けなど、明確な根拠を求められることも多いので、しっかりと理論武装した上で、私自身の情熱や意欲を込めて提案することを心がけています。

成長した瞬間・エピソード

流通系銀行2社に対し、共同ATMの導入・運用を提案し実現したことです。
2社の間に立ち、両企業を取り巻く環境や課題をしっかりと把握し、双方にメリットがあるプランを提案でき、ご理解をいただき契約に至った時は本当にうれしかったです。また、共同ATMは当社において先進的な取り組みであり、その事例を自ら創ることができたことにも、満足しています。
また、それ以前も流通系クレジットカード会社に、当社で初となるクレジットカード喪失受付のアウトソーシングを提案し、契約に至ったことがあります。その際は担当の方に「君が営業担当だったから契約を決めた」と、営業として最高の賛辞をいただきました。今でも、私の励みとなっているお言葉です。

私の取り組み・チャレンジ

海外事例を含む、最新の業界の取り組みにアンテナを立て、業界初のチャレンジングな取り組みをどんどん提案していきたいです。そのためには、クライアントとエンドユーザー、そして私たちの三者が「Win-Win」となるものであることが必要不可欠であると考えています。
そしてマネジメントを行う上では、チームのメンバーと同じ目標を共有し、喜びを分かち合えることにやりがいを感じています。メンバーの成長にコミットし、ともに大きな成果を残していきたいと考えています。