自社の財産を活かし、
新たなビジネスを構築して
いく仕事。会社の成長に
貢献したい

業務企画

SHIRATORI HIRONO
白鳥 浩野

文学部 心理学科卒
2011年入社
CAREER PATH
  • ・2011年

    業務企画としてATMオペレーションセンターの構築業務に従事

  • ・2018年

    DAIS®(預貯金照会デジタルソリューション)の事業化の推進に従事

業務企画

SHIRATORI HIRONO
白鳥 浩野

文学部 心理学科卒
2011年入社
CAREER PATH
  • ・2011年

    業務企画としてATMオペレーションセンターの構築業務に従事

  • ・2018年

    DAIS®(預貯金照会デジタルソリューション)の事業化の推進に従事

ATMJとの出会い

私が就職活動をしていたころは、いわゆる超氷河期と言われる時期でした。景況も芳しくなかったこともあり、できるだけ基盤のしっかりした会社を求めて、金融業界にアプローチしていました。
ATMJを知ったのは、銀行へのアプローチの延長線上でした。金融業界をクライアントとして、インフラを構築しているような事業をそれまで知らなかったので、興味を持ちました。選考は終始雰囲気がよく、私自身をしっかりとアピールできる手応えのあるものでした。中でも一番印象に残っているのは社長との最終面接で、私を理解してくれた上で業務企画での入社をすすめてくれたことです。結果、それがATMJに入社する決め手となりました。

構築の仕事

入社してから、様々な構築業務に携わってきました。構築業務とは、クライアントの業務が開始するまでの立ち上げ、企画のことを指します。具体的には、営業担当やクライアントのニーズに応じて業務の設計や企画を行ったり、新規のクライアントに提案するため、営業担当に同行したり、必要な資料を作成したりすることです。提案が通り受託が決まったら、予算内で適切なオペレーションが行えるよう、実務や業務フローを企画していきます。入社当初は、先輩の指示に従って具体的な企画や構築業務に取り組んでいましたが、現在は私が当時の先輩のようにプロジェクト全体を取りまとめメンバーに指示を出す立場になっています。

成長した瞬間・エピソード

入社2年目で、新規のATMオペレーションセンター立ち上げに関わることができました。ここでは、私たちが企画してきた「オペレーション」が実際にどのように運用されているのかを、現場の中で知ることができました。
また、失敗から学んだこともあります。ある新規案件で、オペレーションが稼動したとたんにトラブルが発生。想定外の、ある意味プログラムのバグのようなものが発生しオペレーションが止まってしまいました。クライアントはもちろんのこと社内の関連部署、そして協力会社などあらゆる関係先と交渉、調整を行い、何とか正常な状態を取り戻すことができました。このトラブルから、プロジェクト全体の進め方を包括的に学ぶことができたと思います。

私の取り組み・チャレンジ

私たちの会社の財産や強みを活かし、新たなビジネスを創造することを目指しています。現在の部署では、金融機関と行政機関の双方の業務効率化に繋がる「DAIS®(預貯金照会デジタルソリューション)」を担当しています。このシステムは、通常行政機関が金融機関に依頼している預貯金照会(口座確認)業務をシステムに集約するというものです。このシステムは全国展開も考えられるので、ATMJの中でも注目されているビジネスの一つでもあります。
また個人的には、「会社全体の事業が見渡せる」ようなポジションで今後も仕事をしていたいと思っています。会社の成長に寄与できるような企画に、これからも携わっていきたいです。