教育研修

入社後のファーストキャリアはもちろん、階層別研修、専門別のスキル研修、資格取得に向けた支援など、さまざまな研修メニューで社員のスキルアップをフォローしています。

教育プログラム体系

入社後3年間を「ファーストキャリア」とし、ビジネスパーソンとして必要なコミュニケーション能力、ビジネスマインド、論理思考、問題解決思考、プレゼンテーション力の研修を実施しています。
また、日々の業務を遂行するために必要なITスキルや専門的スキルについても、全社員共通の基礎研修から、職種別に上位レベルの研修を実施し、市場価値の高い人材の育成を目指しています。

ピンチで拡大できます

資格取得支援制度

業務の円滑な遂行のためだけではなく、社員の能力開発・キャリア形成も目的として様々な資格の取得や研修に関する援助をおこなっています。資格取得に関する費用や研修の受講料を会社で一部負担するとともに推奨している資格を取得した場合、奨励金を支給しています。

  • 奨励金支給対象の資格例

    TOEIC650 点以上

    CompTIA Strata IT Fundamentals

    CompTIA A+

    IPA ITパスポート(IP)

    IPA応用情報技術者

    IPA基本情報技術者

    統計検定2級・3級

    中検(日本中国語検定協会)2、3級  等 

    その他多数の資格で奨励金が支給されます。

資格取得支援制度 利用者の声
MORITANI TAKUYA

森谷 拓也

理学部 数学科
2009年 入社
統計検定2級取得

自らの仕事、キャリアに応じた資格取得をサポートしてもらえる

以前、コンサルティング業務を担当していた際に、社内外のデータを整理/分析し潜在的な課題を顕在化し解決策を探る、ビジネスに有用な知見を発掘するというものがありました。そのような業務を遂行する上で、最低限必要となる統計学の基礎知識を身につけるために当該資格を取得しました。制度を利用することで、資格取得に向けた勉強にかかる費用や受検費用のサポートが会社から受けられたため資格取得を前向きに進めることができました。また、当社の制度は各部ごとの推奨資格が定められているため、自身のキャリアプランを意識した上で必要なスキルを習得できる環境が整っていると思います。推奨資格に定められていなくても必要とされるものであれば、申請することで制度を利用できることも利点であると思います。