社会の変化とATMJ

社会情勢は目まぐるしく変化し、それによって金融機関、そしてATMJの役割も変化し続けています。
本当に頼られる存在になるために、社会を牽引する存在になるために、ATMJは挑戦をし続けているのです。

1990年代後半~
金融ビッグバンで業界が大きく変わる
1996年、バブル崩壊を受けて空洞化しつつあった日本の金融市場を国際市場としての地位に向上させようと、いわゆる日本版金融ビッグバンが始動。金融業界に自由化の大きな波が押し寄せます。自由化により国際的にも国内的にも競争にさらされた各銀行は、生き残りを賭けた統合・再編を加速させ、金融業界はその姿を大きく変えていくことになりました。
2000年代初期~
規制緩和による金融の自由化のさらなる進行
2000年に入ると、規制緩和による金融の自由化が加速し、銀行、証券、保険などの垣根も壊され、各金融機関は一層の競争激化にさらされていきます。そんな中、生き残りを賭けての統合・再編が加速。金融持株会社の設立解禁や会社分割制度の導入などの規制緩和も後押しし、銀行、証券会社、保険会社を配した総合的な金融グループの形成に拍車がかかります。大手都市銀行同士の合併やグループ化が相次ぎ、金融業界は新たな時代に突入しました。
2000年代後半~
進む民営化と新興勢力の台頭
2000年に入ると、小泉内閣が掲げた経済政策スローガン「聖域なき構造改革」により、帝都高速交通営団や道路関係四公団などの民営化を始めとして、次々と公共サービスの民営化が進められていきます。2007年には日本郵政グループが誕生。民間においても新興系の金融機関が次々と誕生します。
2010年代~
システムインフラの急速な進展
2010年代に入ると、インターネットにおけるコミュニケーション活動が多様化。パソコンに替わって、インターネットに対応したフィーチャーフォンやスマートフォン、タブレット端末などが急速に普及。システムインフラのあり方も大きく変わっていきます。金融分野でも、クレジットカードを始め、電子マネー、プリペイドカード、デビットカード、コンビニ収納代行など、決済手段が多様化。キャッシュレス決済が拡大しています。さらには、IoTやFintech、仮想通貨といった新たな言葉も登場し、ICTの世界はさらなる変化を遂げようとしています。
1990年代後半~
金融ビッグバンで業界が大きく変わる
1996年、バブル崩壊を受けて空洞化しつつあった日本の金融市場を国際市場としての地位に向上させようと、いわゆる日本版金融ビッグバンが始動。金融業界に自由化の大きな波が押し寄せます。
自由化により国際的にも国内的にも競争にさらされた各銀行は、生き残りを賭けた統合・再編を加速させ、金融業界はその姿を大きく変えていくことになりました。
2000年代初期~
規制緩和による金融の自由化のさらなる進行
2000年に入ると、規制緩和による金融の自由化が加速し、銀行、証券、保険などの垣根も壊され、各金融機関は一層の競争激化にさらされていきます。そんな中、生き残りを賭けての統合・再編が加速。金融持株会社の設立解禁や会社分割制度の導入などの規制緩和も後押しし、銀行、証券会社、保険会社を配した総合的な金融グループの形成に拍車がかかります。大手都市銀行同士の合併やグループ化が相次ぎ、金融業界は新たな時代に突入しました。
2000年代後半~
進む民営化と新興勢力の台頭
2000年に入ると、小泉内閣が掲げた経済政策スローガン「聖域なき構造改革」により、帝都高速交通営団や道路関係四公団などの民営化を始めとして、次々と公共サービスの民営化が進められていきます。2007年には日本郵政グループが誕生。民間においても新興系の金融機関が次々と誕生します。
2010年代~
システムインフラの急速な進展
2010年代に入ると、インターネットにおけるコミュニケーション活動が多様化。パソコンに替わって、インターネットに対応したフィーチャーフォンやスマートフォン、タブレット端末などが急速に普及。システムインフラのあり方も大きく変わっていきます。金融分野でも、クレジットカードを始め、電子マネー、プリペイドカード、デビットカード、コンビニ収納代行など、決済手段が多様化。キャッシュレス決済が拡大しています。さらには、IoTやFintech、仮想通貨といった新たな言葉も登場し、ICTの世界はさらなる変化を遂げようとしています。